ニキビ治療の市販薬と皮膚科の受診について

ニキビがあると顔の印象が変わります。

ホクロがあるのとないので印象が変わるのと似ています。しかし、ホクロはチャームポイントになりますが、ニキビは決してチャームポイントにはなりません。このようなニキビは、早々に治療を始めるのが賢明です。放置していると炎症がひどくなってしまい、ジンジンと痛み、ジュクジュクと膿を持つようになってしまいます。治療は自分で行う方法と皮膚科を受診する方法があります。小さなものがポツッとできただけでは、なかなか皮膚科に足を運ぼうとは思いません。そのような場合には市販の外用薬がおすすめです。

ドラッグストアで気軽に購入でき、比較的買い求め易い価格のものが多いです。市販の外用薬は、ニキビの患部の炎症を鎮め、アクネ菌や雑菌を殺菌する働きを持つものがほとんどです。また、ニキビ跡が残りにくくなるという効果を持つものもあります。選ぶ時はまず、朝も使用するのか、それとも夜の1回だけにするのかを考えましょう。なぜなら、女性の場合はメイクに影響してくるからです。イオウが使われているものは、塗布した後に肌の表面が白くなりますし、ベタベタするテクスチャーのクリームもあります。

肌にサッと入っていくタイプであればメイクがしやすいので、そのような点を考慮して選ぶと良いです。配合されている成分や製品の特徴などは、薬剤師または登録販売員に尋ねると良いでしょう。できる度に繰り返し市販薬を使うというイタチごっこの場合は、皮膚科で根本的に治療する必要があります。専門医の力を借りて原因を突き止め、取り除く作業が必要となります。治療期間は人によって、または症状によって異なります。長くかかることもありますが、ドラッグストアでは買えない医薬品の処方もしてもらえるので、より効果的に治療ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *