痕を残さないためのニキビ治療とは

古い映画などでのニキビの扱いは、かつては若者の象徴でした。

しかし時代が進み、これは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚疾患だということがわかってきました。処置を誤ると痕になってしまうため、早い段階での皮膚科検診とニキビ治療が一番早い治し方です。この症状は、思春期にも大人になってからもできるものですが、共通しているのは毛穴が詰まってしまうことにあります。何らかの理由で、詰まったところにアクネ菌が繁殖して起こった炎症です。

皮脂分泌の活発な顔や胸元、背中などにできやすく、最も多いのは思春期の成長ホルモンの影響によるものでしょう。またこの頃には男性ホルモンも、特に男性に多く分泌されますが、少量ながら女性にも分泌されています。大人になってからできるニキビは、ストレスを受けることにより、この男性ホルモンが倍増されるということです。

女性の場合は、生理前になると黄体ホルモンの分泌が高まるため皮脂が多くなり、発症しやすくなります。ニキビができてしまったら、できるだけ手で触れたりしないよう注意しなければいけません。皮膚学では、全国で統一された症状や程度の基準値が定められており、それに見合ったニキビ治療を受けることが一番の早道です。医薬品を使用するものやレーザーをはじめ注射や圧出によるもの、それ以外にもイオン導入やケミカルピーリング、ホルモン治療など様々な方法があります。まずは素人判断を避け、医療機関での受診が間違いがなく、安心だといえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *