ニキビ予防が一番の治療になる

ニキビの原因となるのがアクネ菌です。

この菌は病原菌ではなく、もともと人間の皮膚や毛包内に存在している常在菌です。アクネ菌が好む生息場所は、酸素が少なくて皮脂が多い所です。つまり、毛包内はアクネ菌の格好の住処という事です。毛包内ではアクネ菌が繁殖しやすくなるため、増殖するとニキビを作り出してしまう原因になります。ニキビの治療としては、スキンケアクリニックや皮膚科などでも行われていますが、何よりも治療効果が高いのは、日頃から予防する事です。

特に女性は化粧をする人が多いので、ファンデーションなどの油分で毛穴が塞がって、アクネ菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまう可能性も高いです。これに対しては、まずはファンデーションは薄く塗るようにしたり、必要な時以外は化粧は控えるなどの工夫が必要です。また、帰宅したらすぐに化粧を落とす習慣を身につけておくことも大切です。

また、ニキビ治療のためには、このようなアクネ菌が繁殖しづらい環境を保つようにする事と、生活習慣を整えることが不可欠です。生活習慣上の注意点としては、ストレスを溜めない、しっかり睡眠をとる、規則的な食事を摂る、などを心がけるようにしましょう。ちなみに、夜遅く帰ってきて睡眠と食事のどちらを重視したら良いか迷った時には、睡眠を優先する方がニキビ対策には効果的です。かえって無理に食べても胃にとっては負担がかかります。また、睡眠の質も下がるので、睡眠を優先させましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *