ニキビ治療についてです

ニキビができてもたいしたことはないと放置している人もいるかもしれません。ニキビというのは早めに適切な処置をすれば治る皮膚の病気なのですが、何もしないとどんどん悪化して跡が残ってしまうこともあります。

そのためできるだけ早く皮膚科の医師の診察を受けるようにしましょう。人間の身体には皮脂が多く出る場所があり、そのような場所にニキビができやすくなっています。たとえばTゾーンと呼ばれている場所や顎、頬、口の周り、額、背中、胸などにできやすいということです。しかし、皮脂が毛穴に溜まりにくい頭などにはできないと言われており、手や足にもできることはありません。

これができたらまず、ドラッグストアで薬や化粧品などを購入してケアすることになるでしょう。薬にはたくさんの種類がありますが、皮脂を少なくして角質を取り除く作用のある薬と炎症を抑える薬が主流となっています。化粧品はニ予防するものと治すことを目的とするものに分類されるため、肌の状態に合わせて選んでいくと良いでしょう。

ちなみに、化粧品は使い方を間違えると、かえってニキビを悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。皮膚科では患者一人一人に最適な治療を提案するため、しっかりとした診断を行っています。ニキビの重症度分類という基準が参考になるのですが、塗り薬や飲み薬、理学療法などの中から最も適切と思われる治療法を医師が選んでくれるため、高い治療効果を期待できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *