にきびを予防する食生活とスキンケア

にきびは「青春のシンボル」と言われるほど中高生にできやすく、また大人でも悩む人はおおぜいいます。

にきびの治療は容易ではなく、跡が残ってしまったり、治ったと思ってもまたできたりしますので、治療以前に予防できれば、それにこしたことはありません。ここでは、にきび予防する方法として、以下、「食生活」と「スキンケア」の二つの面から考えていきましょう。まずは「食生活」です。日々の食事に、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCやビタミンEを取り入れ、にきびができにくい肌にしていくことが予防になります。

ビタミンAは、ホウレンソウなどに多く含まれ、新陳代謝を助け、肌の生まれ変わりに効果があります。ビタミンB群は、レバーやニンニクに含まれ、脂質代謝を促し、健康な肌を作るためのカギを握っています。ビタミンCは、パプリカやブロッコリーなどに含まれ、美肌の維持や見た目の老化を防ぐ効果があり、にきび跡のケアに最適な成分と言えます。ビタミンEは、アーモンドやレバーなどに含まれ、ホルモンバランスを整える効果があります。

これらの食材を日々の食事の中に取り入れていくことで、肌質を改善していくことができます。次に、「スキンケア」です。洗顔料を使って、皮脂の汚れを落とし、肌を清潔に保つことがまずは大切です。ただし、洗顔をしすぎて、肌が乾燥してしまうようでは逆効果です。そうならないためにも、基礎化粧品を使ってていねいにスキンケアをすることが必要です。さらに、普段の生活の中でストレスをためないことや、睡眠を十分にとることを心がけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *