にきび予防は体の中からキレイに

お肌の大敵にきびですが、見た目にわかりやすく出てしまうため、ついつい表面上の予防ばかりしてしまいがちです。

もちろん表面上の予防というのも大事ですので、洗顔はもちろん、保湿をすることや自分に合った化粧品選びをするのもにきびの予防につながります。ただ表面だけをきれいにしようとしても、それだけでは本当の予防にはつながりません。やはりお腹の中、腸をきれいにすることがにきびの予防につながっていきますので、まずは食生活を見直すことから始めてみましょう。

インスタント麺やジャンクフード、揚げ物など脂っこい食べ物、スナック菓子や甘いお菓子などはにきびの一番の原因となります。そういった食べ物を大量に続けて食べ続けるとにきびが出来やすくなりますので、こういった食べ物はなるべく控えるようにしましょう。全く食べないというのも、好きなかたにとってはストレスの原因になってしまうこともあるので、ほどほどに食べるようにするといいですね。

お肌にいい食材というのは発酵食品と呼ばれる納豆や豆腐、味噌など、主に和食に出てくることの多い食材です。こういった食材はイソフラボンがたくさん入っていますので、積極的にとるように心掛けましょう。最近では女性が社会の中で活躍する場面が増えていることもあり、女性の喫煙者が増えています。たばこは体のビタミンを壊してしまうため、お肌には最もよくありません。お肌をきれいにするためにも喫煙しているかたはまずは禁煙から始めてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *