美容の敵にきびを予防しよう

「にきび」この言葉を聞くだけで嫌になりますよね。

にきびができてしまうと、まず顔の印象が悪くなってしまいます。そうすると自分に自信を持てなくなったり、第一印象が悪くなったりしてしまい、本当に嫌な存在です。そこで今回は、それを予防する方法をお教えします。まず、にきびの原因は年代によって2つに分かれます。まず、思春期の時の原因は成長ホルモンにより皮膚の分泌が多くなることが原因です。これは成長過程によるものなのである程度はしかたがないかもしれません。

次に大人の時は男性ホルモンの影響が原因です。男性ホルモンと言っても、女性にも分泌されます。これは、睡眠不足やストレスや規則的な生活をしないことにより多く分泌されてしまいます。これは、思春期の時と違い、きちんとした生活習慣にすれば防ぐことができます。そのほかにも、きちんと肌の水分を保つことが大切です。よくにきび予防のために顔を何回も洗う人がいますが、それはかえって逆効果になることもあります。

なぜなら、何度も洗うことにより肌に必要なうるおい成分までもが一緒に洗い流されてしまうからです。そのため、洗顔は1日に3回程度を目安とし、くれぐれも肌の保湿を保つようにしましょう。このようににきび予防には、多くの方法があります。とくに最初にあげた規則正しい生活習慣や寝不足にならないようにすることは、生活習慣病などの予防にもつながって一石二鳥です。ぜひ試してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *